農家仲間のはなし
by wwhs99hd7c
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
フォロー中のブログ
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
高橋洋一の民主党ウォッチ  ..
at 2010-06-16 16:28
文科省、学力テスト事業委託の..
at 2010-06-07 17:16
「動くな」部下に二十数回銃口..
at 2010-05-28 17:34
静まる大阪 音楽コンサート“..
at 2010-05-20 05:46
両陛下、学童保育を訪問(時事..
at 2010-05-12 21:42
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<火山噴火>噴煙拡大、鮮明に 日本の衛星が観測(毎日新聞)

 日本の温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」が、アイスランド火山の噴火後3日間に及ぶ噴煙の様子をとらえた。噴煙は太陽光を遮るほか、地上に落下すると北極圏の雪や氷が黒くなって融解を加速する可能性がある。観測結果は、今後の気候変動を予測する上で役立つという。

 いぶきは紫外、可視、赤外の3種類の光をとらえるセンサーを搭載している。今回、国立環境研究所などが得られた観測データを画像処理した。

 それによると、大規模噴火翌日の15日には噴煙が、英北部からスカンディナビア半島に流れているのを鮮明にとらえた。16日には進路を変え、欧州北部のドイツやポーランド、リトアニアなどの上空に広がっている。また17日は引き続き火山が噴煙を上げているほか、ロシア西部にまで到達している。昨年1月に打ち上げられたいぶきは、二酸化炭素とメタンの濃度を世界で初めて同時観測しているほか、噴煙のようなエアロゾル(ちり)や雲を識別することができる。【田中泰義】

【関連ニュース】
【写真特集】アイスランド火山噴火
火山噴火:スペインで全空港再開
アイスランド:火山噴火 航空規制長期化 業界減収185億円に 運航再開の動きも
アイスランド:火山噴火 火山灰、影響多方面に バラ市場、医療にも
ニュースがわかる「火山の国に暮らす」

小池参院議員が自民を離党、無所属で参院選出馬(読売新聞)
元郵便局員の女を追送検=「管理ずさん」と供述−兵庫県警(時事通信)
追跡中のパトカーが衝突事故=タクシーの2人軽傷−埼玉(時事通信)
裁判員制度は合憲…殺人事件で東京高裁判決(読売新聞)
<天窓事故>小学校長と教諭に罰金命令…東京簡裁(毎日新聞)
[PR]
# by wwhs99hd7c | 2010-04-26 19:20

ぜんそく治療中の半数以上で「コントロール不十分」(医療介護CBニュース)

 ぜんそく治療中の患者の半数以上で、症状が週に1回以上あるなどの「コントロール不十分」であることが、アストラゼネカの調べで分かった。また、ぜんそくの基本病態である「気道の炎症」や「気道過敏性」について、医師の説明と患者の認識の間にギャップがあった。

 調査は昨年7-10月に実施。医師とその医師が診療している患者(新患を含む)にそれぞれ調査票を配布して、郵送で回収した。患者2万4150人、医師4766人を有効回答として分析した。

 それによると、患者のぜんそく症状の管理について、▽ぜんそく症状が週に1回以上ある▽発作治療薬SABAを週に1回以上服用している▽朝起きた時のぜんそく症状がしばらく治まらない―のいずれかに該当する「コントロール不十分」の割合が52%、いずれにも当てはまらない「良好」が48%だった。

 使い続けることで気管支の炎症を弱め、発作を防ぐとされている吸入ステロイドを処方されている患者は全体の86.0%。その服薬状況は、「100%守っている」47.0%、「まれに忘れることがある」19.3%、「時々忘れることがある」25.4%、「あまり守っていない」8.3%だった。

 さらに、ぜんそくの病態に関する説明状況について医師に聞いたところ、「説明はしていない」は1.8%にとどまり、「必ず説明している」54.9%と「説明するようにしている」43.3%で大半を占めた。
 一方、患者に聞くと、「説明してくれた」が75.5%で最も多かったものの、「説明してくれなかった」「覚えていない」も、それぞれ5.8%と18.7%あった。

 また、病態の説明内容として、「気道の炎症が原因」とした医師が90.1%なのに対し、患者の認識は44.3%にとどまった。また、「気道が過敏になるのが原因」についても、医師75.2%に対し、患者44.1%だった。このほか、「気管支が狭くなる病気」は医師83.4%、患者84.6%、「ダニやほこりが原因で発作が起こる病気」は医師52.4%、患者56.1%だった。

 医師の属性は、「診療所・医院・クリニック」が91.3%で最も多く、「大学病院以外の病院」は8.6%、「大学病院」は0.1%だった。


【関連記事】
昨年の全世界売り上げ7%増―アストラゼネカ
新製品のぜんそく治療薬で競合品との差別化に自信―アストラゼネカなど
国内医療用薬4.3%の増収―アステラス
「ぜんそく治療薬の新たな選択肢」発売へ―アステラス、アストラゼネカ
「ぜんそく死ゼロ」目指すガイドライン―日本アレルギー学会

<蛇笏賞>眞鍋呉夫さんの句集「月魄」に決まる(毎日新聞)
<日産子会社>下請け業者への代金を不当に減額 公取委勧告(毎日新聞)
焼け跡から2遺体、首に圧迫の跡…富山(読売新聞)
村木被告「わなにはめられた」 実質審理終了、9月にも判決 郵便不正公判(産経新聞)
会社員の男ら4人逮捕=遺棄容疑、3人不明事件−長野県警(時事通信)
[PR]
# by wwhs99hd7c | 2010-04-22 14:52

脱税指南、八木被告「違反の認識なかった」(読売新聞)

 顧客に脱税を指南したとして、所得税法違反や法人税法違反に問われた東京都千代田区のコンサルタント会社「セントラル総合研究所」経営、八木宏之被告(51)(東京都文京区)ら4人の初公判が14日、さいたま地裁(井口修裁判長)であった。

 同社元役員や顧客らは起訴事実を認めたが、八木被告は「違反の認識はなかった」と否認した。

 八木被告は、ベストセラーとなった「借りたカネは返すな!」シリーズの著者。起訴状では、八木被告らは、ゴルフ練習場を経営していた千葉県習志野市の男(72)に2007年分の所得税約3400万円を免れさせたほか、神戸市の不動産会社にも08年2月期の法人税約3150万円を脱税させた、としている。

 検察側は冒頭陳述で「八木被告が指示した」と指摘したが、八木被告の弁護人は「共謀はなく、脱税になるかも争う」と主張した。

羽田国際線枠9万回規模に=成長戦略重点項目−国交省会議(時事通信)
ライター事故、5年で130件=火遊び以外にも被害多発−NITE(時事通信)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)
明石署元副署長を聴取 録音・録画は見送り 指定弁護士(産経新聞)
上司に暴言、同僚を暴行=職員を停職処分−東大(時事通信)
[PR]
# by wwhs99hd7c | 2010-04-20 06:44

民主新人が仕分け報告=枝野氏「期待以上」(時事通信)

 民主党の地域主権・規制改革研究会(玄葉光一郎会長)は12日、国会内で会合を開き、事業仕分け第2弾で対象となる公益法人に関する調査報告書を枝野幸男行政刷新担当相に提出した。
 報告書は、鳩山由紀夫首相が党側に新人議員の活用を求めたことを受け、衆参の当選1回議員95人が2日から、約900の公益法人をヒアリングした結果をまとめた。詳細は明らかになっていないが、法人内に理事長の個人事務所を併設しているケースや、職員がゼロで、事業を外部に丸投げしている法人もあったという。
 枝野氏は会合後、記者団に「期待した以上にいろんな問題点を明らかにしてもらった。さらに精査して、調査結果が実際の事業仕分けにつながるように進めていきたい」と述べた。 

「たちあがれ日本」結党の顛末は今夕の会見で(レスポンス)
性同一性障害の元男性が痴漢「男のぬくもりが欲しかった」(スポーツ報知)
岩場の迫力体感 三宮に西日本最大級のクライミングジム(産経新聞)
<ゆるキャラ>仏教界にもブーム?(毎日新聞)
拠点アパートに大量の薬物 覚醒剤密売のイラン人の男3人を逮捕(産経新聞)
[PR]
# by wwhs99hd7c | 2010-04-13 14:18

SS元船長を傷害など5つの罪で起訴 東京地検(産経新聞)

 環境保護を標榜(ひょうぼう)する米団体「シー・シェパード(SS)」のメンバーが日本の調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」に不法侵入した事件で、東京地検は2日、SS抗議船「アディ・ギル号」の元船長、ピーター・ジェームス・ベスーン容疑者(44)=ニュージーランド国籍=を、逮捕容疑となった艦船侵入のほか、傷害、威力業務妨害、銃刀法違反、器物損壊の罪で起訴した。

 関係者によると、ベスーン被告は「けがを負わせるつもりはなかった」と否認していたが、地検は、「狙って投げなれば当たらない」として傷害罪が成立すると判断した。同罪や威力業務妨害罪での立件にこぎつけたことで、SSが日本の調査捕鯨団に繰り返してきた一連の捕鯨妨害行為自体が公判で裁かれることになった。

 ベスーン被告は2月11日、南極海で航行中の第2昭南丸に向かって酪酸入りのガラス瓶を発射、酪酸を飛び散らせて異臭を拡散させるなどして業務を妨害するとともに、甲板上にいた乗組員にけがを負わせた。同15日には、南極海で調査捕鯨活動中の第2昭南丸に水上バイクで接近、防護用ネットをナイフで切り、船内に不法に侵入。船内でブーツの中に刃渡り約20センチのナイフ1本を隠し持っていたとされる。

【関連記事】
SS、ベスーン容疑者を傷害などの容疑で追送検
シーシェパード、捕鯨妨害も立件へ 東京地検、元船長に傷害罪など適用
「最後まで戦え」とSS・ベスーン容疑者の父
日本船侵入を他のSSメンバーが手助け 共犯の疑いで捜査
Sシェパード元船長、ブーツにナイフ隠し持つ

「参加してよかった」高齢者対象の交通安全教室開催 警視庁大塚署(産経新聞)
老人ホームの軽自動車衝突、93歳と81歳死亡(読売新聞)
桜の石舞台古墳 馬子が夢見た桃源郷?(産経新聞)
足利事件 捜査検証報告書を公表 DNA型鑑定を過大評価(毎日新聞)
鳩山首相、与謝野氏離党「自民党さんも大変だなあ」(産経新聞)
[PR]
# by wwhs99hd7c | 2010-04-08 15:33